作家・太宰治(1909〜48年)が一時暮らしていた東京のアパート『碧雲荘』(東京都杉並区天沼)。この昭和初期に建てられた建物が2016年3月に解体することになりました。解体を惜しむ声が挙がるなか立ち上がったのが湯布院の橋本律子さん。  橋本さんは2015年12月26日、東京の友人から碧雲荘 のことを聞き、所有者の田中利枝子さんの生家である碧雲荘 の思いも聞き、保存のために移築することを決めました。  碧雲荘の移築を手がけたのは別府市の宮大工、神田眞男さん。これまで新潟や富山など築100年以上の古民家など、数々の文化財の移築に携わってきた、腕利きの職人です。解体は2016年2月から作業を開始。棟梁と二代目となる息子、孫の3人で作業しました。  杉並区で解体された資材が湯布院に運び込まれたのは同年3月末。10tトラック3台分の資材を陸路で湯布院まで運びました。再利用する部材、廃棄する部材を見極め、昔の建物を現在の建築基準に合わせるのは大変でした。  移築途中に熊本・大分地震により工事は中断。強い揺れに見舞われましたが基礎工事にかかる前であったため被害はありませんでした。しかし、工期が大幅に遅れたものの、本震から1年の節目に、建物は「ゆふいん文学の森」としてオープンし、歴史の新たなページが開かれることになりました。

TEL.0977-76-8171

営業時間 10:00〜17:00

〒879-5114 大分県由布市湯布院町川北1354−26

Copyright (C) 2018 RCAS. All Rights Reserved.